奥阿賀国際アートフェスタ

2020年5月18日(月)~6月28日(日)、福島県境に近い阿賀町豊実地区。ここで里山、田んぼを舞台に、国内外の人々が大自然とともに創作活動を体感し、大自然とアートの競演を楽しむ野外イベント「奥阿賀国際アートフェスタ」が開催された。

奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

地元のNPO法人「コスモ夢舞台」が地域活性化を目的に昨年初開催し、今年で2回目を迎えた。法人理事長の彫刻家佐藤賢太郎氏(71)は「過疎の中でも自然の中で豊かな生き方ができると知ってほしい」と話す。
 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

会場では訪れた子供たちが自由にペンキを塗った小舟や看板、耕作放棄地を整備した会場には壊れたヘルメット、金属板などの廃材を再生した作品が並ぶ。
6月13日には、佐藤氏の旧知の住職ら10人が田んぼアートの中で座禅会を開催。28日にはトークショーが行われた。
 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

田舎で見慣れた田んぼの風景ではない、異空間。「非日常」というよりは「異日常」を感じる空間の中で瞑想。
 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

訪れた誰もが自由にアーティストになれ、この空間で自然やこの場所にあるものと対話してアーティストが作品を生む。
 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

「過疎地域でないものをあげても仕方がない。山、川、田んぼをどう生かしていくのか、工夫して仕組みをつくることが大切」だと佐藤氏。
 
奥阿賀フェスタ
奥阿賀アートフェスタ作品

奥阿賀フェスタ
奥阿賀アートフェスタ作品

 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

「来年は蛍が舞う座禅堂で座禅をして、阿吽の彫刻を見て田んぼに入り、絵を描く。そしてアートを見る。そこにはどんな世界が展開するのかわかりませんよ。」と早くも第3回の構想を嬉しそうに話してくれる。彼がまたどんな新しい世界を創りだしてくれるのか、次回の開催を心待ちにしている。(広報 田辺 幸雄) 
 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

 
奥阿賀フェスタ

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る