第24回作品展 作品応募要領


 芸術・文化の向上を目指し、意義ある人生を送るための「作品展」は、一般財団法人東京新潟県人会館主催及び東京新潟県人会共催事業の大きな柱であります。
 前回第23回作品展は新型コロナ禍の厳しい状況にもかかわらず、多数の方々にご協力をいただき盛大に開催いたしました。
 令和4年度第24回「作品展」につきましては、いまだコロナ禍の収束が予測し難い現況ではありますが、ひとまず、従来から定例化している10月期の開催を企画立案いたしました。
 つきましては、コロナ禍の一日もはやき収束を願いつつ、下記のとおり実施計画を進めたいと存じます。
 皆様の精魂込めた傑作品のご応募を、心からお待ち申し上げます。

東京新潟県人会 会長 小林保廣

開催期間   令和4年10月29日(土)~10月31日(月)3日間(10時~15時・最終日は15時終了)
展示会場   東京新潟県人会館 2階 ふれあいふるさと館ホール
応募規定   応募資格:新潟県出身者及び関係者

●応募内容
1人2点まで(1点でも可、3点以上の特例もあり)
応募作品及びサイズ、体裁は次の通り。

 ●絵画(油彩・水彩・水墨など)20号以下
 ●写真(額装・パネル張り)全倍以下
 ●書道(軸・額)55cm × 2.0m、1.0m× 70cm 以下
 ●色紙、各種工芸品
 ●俳句(短冊・色紙)

●応募料
無料

●応募受付
令和4年8月31日(水)までに申込書を記入の上、事務局へ提出してください。
(申込書のない作品は展示できません)

●事務局
〒110-0005 東京都台東区上野1-13-6 東京新潟県人会
Tel:03-3832-7619 Fax:03-3832-7639

●詳細問合せ
文化委員会 樋口 昭 Tel:080-6967-8224

●搬入・搬出 
作品は出品者が額装し、10月28日(金)10時30分~14時までに搬入してください。
宅急便は10月27日(木)に届けてください。
撤収は10月31日(月)15時から行いますので、速やかに搬出してください。
運送費、梱包費は各自ご負担願います。

☆申込書はこちら

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る