東京えちご 雪椿の会会長 星野 憲三さん

会長さん、今日は
東京えちご 雪椿の会会長 星野 憲三さん

●会の設立と特色をお聞かせください。

 東京えちご・雪椿の会は、平成21年4月9日に箱根吉池旅館で設立。賛同者15名が出席し設立後に総会を開催。初代会長に佐伯益一氏、発起人に現名誉会長・横野寅夫氏、(一財)東京新潟県人会館理事長・川村敏夫氏、同副理事長・春日寛氏、元鹿瀬町々長・長澤均氏で発足しました。
 会名の由来は、初代吉池会長の高橋与平氏が約110年前に私の母校、県立津川農林高等学校に勤務されており、当時麒麟山を散策した折に新種の椿を発見され、植物学で有名な理学博士牧野富太郎先生に鑑定を依頼し新種の「ユキツバキ」と命名されました。
 これを後日知った吉池現会長・高橋登氏が、親の遺言にあった雪椿の碑を、わざわざ北海道から石を取り寄せて、阿賀町麒麟山温泉の向かい側にある麒麟山いこいの森公園に建立しました。これを記念して参加された5名の発起人の提案により、「東京えちご・雪椿の会」と命名されました。
 

●会の活動で特に力を入れておられる事は何でしょうか。

①会の目的:ユキツバキが新潟県の〝県木〟であるのを認識し会員の親睦を図る事。
②会の行動:会員相互の融和を基盤として研修を深め、県人会の協力を得ながら会の普及に努める。――の2点に力を注いで来ました。
 特に、阿賀町(旧東蒲原郡の四ヶ町村)の各郷人会と連携して2年に一度故郷訪問を実施し、地元の人達との交流を図っています。一方、県人会傘下の各郷人会とも懇親会を通じて交流を深め〝県木〟の意義を確認し合っています。
 

●会員の増加策や今後の課題。

 いずこも、会員減少に歯止めがかかりません。当会は、無理せず自然に、現会員の一人ひとりが役員であるという認識をして頂き、それぞれの集まりで「東京えちご・雪椿の会」は愉しいよ、面白いよなどと口コミでさりげなく勧誘して貰えたら望ましいです。
 

●会員とふるさとのつながり。

 母校阿賀黎明高校(旧津川高校)同窓会、同級会、東京津川会、東京鹿瀬会、東京三川会、東京上川会、新潟下越連合及びその他の各郷人会を通じて「東京えちご・雪椿の会」を積極的にPRし会員拡大につなげています。
 

●ふるさとを出てきたころの思い出をお聞かせ下さい。

 昭和15年東京蒲田に生まれ、昭和20年に旧鹿瀬町に疎開しました。戦後の不況の中で新潟の片田舎での生活は大変でした。当時の私を救い育ててくれたのが旧鹿瀬町であり、後日〝阿賀野川水銀事件〟で有名となる昭和電工でした。明と暗の両面ありましたが、私の思い出の一つです。
 

●ふるさとの友人、知人との交流については。

 幸いな事に、80歳を間近にした現在も小学生、中学生、高校生、社会人としてそれぞれ私を支え育ててくれた友人、知人に元気でお会いしお付き合い頂いています。2年前まで母校・阿賀黎明高校同窓会関東支部会長、(株)マルイ同期会副会長、マルイ年輪の会副会長、地元自治会役員を担当させて頂いていました。
 

●信条とされている事は。

〝誠実〟をモットーに人生の生活信条としています。
 

●後輩の人に伝えたい事は。

 42年間勤務した株式会社丸井の創業者・青井忠治氏の教えを頂いた「全て汝がことなれ」を座右の銘としています。
 

●健康維持に留意されている事は。

 昨年12月に通風を患い現在通院中。皆さんも気を付けましょう。
 

●東京新潟県人会に望む事は。

 90周年、100周年当時の財政は大変苦しい時代でした。現在は各役員、会員により改善されましたが、安心できる運営をして頂きたい。
 
――有難うございました。(2020年1月16日 記:広報委員 田辺 幸雄 旧東蒲原郡鹿瀬町出身)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  2. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  3. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  4. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  5. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  6. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  7. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  8. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  9. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  10. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…

クローズアップ

  1. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  2. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  3. 2021-6-11

    コロナの一年半、あれこれ。

    コロナの一年半、あれこれ。 樋口 高士 一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が…
  4. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る