時間の早さに驚く

随想四季

時間の早さに驚く
東京鹿瀬会 田辺 幸雄

 広報委員になって、三年の月日が経っていた。昨年の四月からは市町村あれこれの下越欄を担当している。私は、広報委員になった時、関係者は『新潟懸人』に原稿を出してはならないと決めていた。
 『新潟懸人』は、会員の人に書いて頂く処であると思っている。その、私が禁を破って書いているのは、屁理屈ではあるが東京鹿瀬会の会員としての立場から書いている。こうやって、紙面を埋めていく作戦でもある。
 そう簡単に多くの方のように気の利いた文章が書けるものでない。
 今、私の最大の関心事は、『新潟懸人』が多くの人に心待ちにされる“読み物”になったら良いなあと、期待を込めてと思う事である。
 『新潟懸人』が配達される事を待ちわびる会報誌でないのであれば、それは悲しい事である。全て、広報委員の力の及ばぬところ、何てかっこ良く言ってみても始まらない。
 要は、『新潟懸人』は多くの人に読まれて初めて存在価値があると認識している。その為には原点に立ち返り、会員の為、故郷の為に役立つ紙面作りを心掛ければ良い筈だと思う。
 会員情報・故郷情報を投稿歓迎でリアルタイムに紙面へ反映させることだと思う。
 私の担当している、市町村あれこれの下越欄では、毎月二件掲載したい記事を決めたら、該当する市町村の担当者に掲載主旨を説明し、記事掲載の許可と必要な写真を依頼して、そこの市町村の関係者と共に、紙面作りをする様に心掛けている。
 そうすることで、故郷からの発信に共有する連帯感を大切にしている。
 その他に、私は元勤め先のOB会で三か月に一度発行の会員さん宛の季刊誌を編集から携わっている。
 平均年齢七十五歳の会では、健康に関する話が多くなる。それはやむを得ないが、会員相互の音信連絡のような面もある。その中で、気に入っているのが、新潟支部からの寄稿で、『自治会長シリーズ』が有る。自治会長の日頃の活動とボヤキが綴られている。これが、その人の日常と人間味が溢れていてとても面白い。
 多くの人が、三か月を心待ちにしている。
 この編集作業を『新潟懸人』またOB会それぞれに活用出来るよう日々ヒントを見つけようと足掻いている自分を感じながら、生活している毎日がとても楽しい。
 『新潟懸人』においても、会員さんと故郷の人たちの寄稿による明日への希望と発展(?)に繋がるシリーズ物が出来ると、多くの会員さんが、『新潟懸人』を毎月待ち焦がれる様になるのではと、一人妄想しては楽しんでいる。夢から出た真となる日が来るかは分からないが、夢と希望を持って日々生活するのは、悪くはないと思っている。
 私の育った旧鹿瀬町は、明治の中頃まで、会津であった。越後と会津両方の優れた文化を持っている(?)新潟県でも異質な環境にあった土地柄か変わり者が多いようだ。(あくまでも個人的感想)。
 世の中を新しい世界へ導く原動力の大きな部分が、変わり者が担っているようだ。東京新潟県人会の中で私は、変わり者のような気がしている。でも、何かを成し遂げるような資質を備えているとは、とても思えない。
 でも、故郷との絆は今だからこそ大切だ。故郷を出て幾久しく東京で育った文化の香り高い(?)東京新潟県人会の私たちが、故郷に恩返しをする時は、今なのではないか。
 私も、微力ながらそのお手伝いをしたい。『新潟懸人』に全力を注ぐ覚悟があると、力を入れてやるほどの事もないので、ぬらりくらりやって行きたいと思っている。地味にこつこつと。(2016年12月1日 記:東京鹿瀬会 田辺 幸雄)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

会の活動報告

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ 

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
  4. 2021-12-13

    日本一の米どころ 新潟のお米紹介 第一部

    日本一の米どころ 新潟のお米紹介 第一部 コシヒカリ! うま味と粘りが魅力の新潟…
  5. 2021-10-12

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)  2020年1月14日 […

アーカイブ

ページ上部へ戻る