司馬遼太郎 峠


司馬遼太郎 峠

維新に散った〝最後の侍〟長岡藩・河井継之助の生涯
文庫本〈上〉〈中〉〈下〉の三巻からなる、長編歴史小説・『峠』。
日本の歴史上の大転換期・幕末。越後長岡藩から一人の藩士・河井継之助が江戸に出府。陽明学に心酔し、詩文・洋学など単なる「知識」を得るための勉学ではなく、物事の「原理」をひたすら知ろうと精進。
長岡藩に戻ってからは重職につき藩政改革にも取り組む。やがて藩の上席家老(首相のような職)にまで上り詰め、開明論者でありながら、最後は、長岡藩を率い、維新史上最も壮烈なる北越戦争に散った〝最後の侍〟の波乱に満ちた生涯を描いた力作長編小説である。

国民的作家・司馬遼太郎の幕末・維新シリーズの傑作
作者・司馬遼太郎(1923~1996)は、1960年(昭和35年)歴史小説『梟の城』で第42回直木賞受賞。新聞記者を経て作家に。『峠』は、1966年(昭和41年)11月から約1年半にわたって「毎日新聞」に連載された。当時、新聞連載小説は、一流作家の登場する檜舞台。司馬氏の新聞連載小説としては、本作は、『竜馬がゆく』の連載終了後、約半年してスタート。やがて国民的歴史小説作家としての地位を確立した次作『坂の上の雲』に至る道程にある作品。司馬作品の多くは、NHKの大河ドラマの原作にもなっており、文字通りの国民作家である。


クリックで拡大します
河井継之助の「人間像」の見事な造形と共に、激動の日本の生きた「幕末維新史」
とにかく読んで面白い。それまで司馬氏が手がけた幕末ものの主人公・土方歳三、坂本竜馬…など大衆的英雄と違って、一般的にはあまり知られていない。しかし、一小藩には収まりきらない、間違いなく大人物である継之助を主人公に据えるという妙手。

司馬氏は、あたかもそこにいて見てきたかの如く「…誠に颯爽とした手際で、手に取るごとく語って聞かせる…」(解説・亀井俊介)。
又、この小説は、全体を通して、生きた「幕末史」。1853年(嘉永6年)のペリー艦隊浦賀来航から1868年(慶応4年)鳥羽伏見の戦い。戊辰戦争までを、ヴィビッドに語ってくれている。(広報・樋口/2022月6月 会報誌)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良寛さまをして、「この世に神様がいるなど疑いたく…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  7. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  8. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  9. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  10. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

     えちご妙高会の総会・懇親会は毎年7月に都内ホテルで100名を超える参加者を得て開催していま…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る