津南醸造株式会社


恵まれた自然環境の土地柄から生まれた新しい酒蔵

津南醸造株式会社

 新潟県の最南部・奥越後。自然の芸術ともいわれる信濃川の「河岸段丘」。支流の清流・中津川沿えに位置し、背後には、小松原湿原、2,000m級の連峰(苗場山、霧の塔)を背負っている津南町。
 「火焔型土器」遺跡の宝庫のような存在であり、日本有数の豪雪地帯であるだけに、その豊かな「水資源」は、この地が古くから、人間の「生活環境」としては、極めて優れた特性を持っていたことを示しているようだ。
 津南醸造(古沢有三・代表取締役)の設立は、平成8年(1996年)1月。地元津南町の酒米(五百万石)農家と、津南町、JAが共同で設立した酒蔵。地元で栽培された〈米〉を活かした酒造りをしたいという「思い」が結集した新しい時代のユニークな酒蔵である。
 奥越後・津南、十日町地域の玄関口、十日町駅に降り立つと、この地域の四つの酒蔵の酒樽がズラリと並んでいる姿が目に付いた。
 津南醸造へは、十日町駅から飯山線で約25分の津南駅へ。車、バスでは、R117からR405へ入り、見玉不動尊の手前まで。社屋、醸造設備は、新潟の有名酒造会社のアドバイスも加え、近代的なものに仕上げられている。

奥越後の「風土」の恵み〈米〉〈水〉が生んだ代表銘柄

 奥越後・津南は日本でも有数の豪雪地帯。津南醸造の仕込み水は蔵の脇の湧き水。「名水の郷百選」にも選ばれた里の水は、山々に降り積もった雪が「雪融け水」となって大地にしみ込んだ伏流水。超軟水で粒子が細かくまろやか。この風土の恵み〈米〉〈水〉で仕込まれている津南醸造の代表的「銘柄」のいわれを簡単に紹介しよう。
 『霧の塔』。蔵の背後南東に聳える名峰・霧の塔(1993m)にちなんだもの。霧が塔のように立ち上がるところからの山名とか。
 『妻有郷』は、妻有(つまり)が、この地域が、中世の頃、越後の「どんづまり」から「妻有」と表記したところからとか。
 『雪美人』は、美しい白銀の世界のイメージを、透明感ある淡麗旨口で表現とか。

〈米〉、〈水〉、〈技〉― 三位一体の酒造

〈米〉―酒米[五百万石100%]
 この種もみは、元々津南町生まれ。収穫高の少なくなった五百万石をこの津南醸造のために復活。全国有数の生産地である地元の農家が津南醸造のために栽培した酒米を使用しています。
〈水〉―雪がもたらす〈恵み〉
 「日本の名水百選」にも選ばれた清冽な水を蔵の仕込み水として使用。この天然の雪融け水の伏流水は超軟水で、粒子の細かい、まろやかな水といわれています。
〈技〉―瀧澤杜氏のこだわり
 瀧澤杜氏を先頭に、地元の酒米栽培の農家の人たちが冬の仕込み時期に参加するという究極の酒造りの環境のもと、「三段仕込み」という手法でゆっくり熟成。

 瀧澤杜氏は、平成24年越後流酒造技術選手権大会・最優秀・県知事賞受賞。新潟県の酒造場のトップになる。

受賞歴(2013年4月~2015年11月)

 ・2013年4月
  越後流酒造技術選手権大会 新潟県知事賞 受賞第一位
 ・2013年5月
  全国新酒鑑評会 金賞受賞(3年連続)優秀賞授賞 純米酒の部 霧の塔
 ・2013年8月
  酒ソムリエ・アソシエーション主催「2013年ロンドン酒チャレンジ」
  最高金賞受賞「大吟醸酒原酒 Velvet Kiss 2年連続受賞」
  最高金賞受賞「吟醸酒ユキグニ モノガタリ 2年連続受賞」
  銀賞受賞「純米吟醸酒 霧の塔」
 ・2013年11月
  関東信越国税局主催 関東信越国税局鑑評会 優秀賞受賞 吟醸の部「霧の塔大吟醸」
 ・2014年8月
  酒ソムリエ・アソシエーション主催「2014年ロンドン酒チャレンジ」
  最高金賞受賞「大吟醸酒原酒 Velvet Kiss 2年連続受賞」
  最高金賞受賞「吟醸酒ユキグニ モノガタリ 3年連続受賞」
 ・2014年5月
  「霧の塔」(吟醸酒、純米酒)第84回関東信越国税局酒類鑑評会 入賞
 ・2015年11月 
  第85回関東信越国税局酒類鑑評会で、吟醸酒部門、純米酒部門の2部門でダブル受賞

「津南醸造」の銘酒ラインアップ

霧の塔 本醸造・普通酒

本醸造酒
本醸造酒
幅のあるコク味と引き締まった後味。甘・辛・ピンを目標にした本格派
1.8ℓ/720㎖/300㎖

普通酒
普通酒
さらっとした旨味が喉にさわりなく流れる淡麗辛口の酒
1.8ℓ/720㎖/300㎖

普通酒 原酒
普通酒 原酒
気品あふれる濃厚な味わいと飲み飽きないキレのある酒
1.8ℓ/720㎖

霧の塔 純米・吟醸酒

純米吟醸酒
純米吟醸酒
気品あふれる濃厚な味わいと飲み飽きないキレのある酒
1.8ℓ/720㎖

吟醸酒
吟醸酒
爽やかな吟醸香と適度な酸味。スッキリした喉ごし
1.8ℓ/720㎖/300㎖

純米酒
純米酒
柔らかなコクとキレ。淡麗にして旨味のある飲み口
1.8ℓ/720㎖/300㎖

霧の塔 大吟醸シリーズ

純米大吟醸
純米大吟醸
厳選された「五百万石」を40%まで磨き上げ、贅を極めた最上級のお酒
720㎖

大吟醸酒
大吟醸酒
落ち着いた香りと、ふくらみのある味わい。香味の調和を追求した吟醸造りの逸品
720㎖

妻有郷

純米酒
純米酒
柔らかく、綺麗なコク、米そのものの味が生かされた旨味豊かな辛口純米酒
1.8ℓ/720㎖

普通酒
普通酒
口当たりは丸く柔らか、喉越しから後口がキリっと締まる淡麗辛口酒
1.8ℓ/720㎖

雪美人

特別純米酒
特別純米酒
爽やかな香り、あっさりした口当たり。淡麗旨口の特別純米酒
1.8ℓ/720㎖

(2019年3月:樋口 高士)


津南醸造株式会社
〒949-8313 新潟県中魚沼郡津南町秋成7141
電話 025-765-5252
HP:津南醸造株式会社

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

会の活動報告

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ 

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
  4. 2021-12-13

    日本一の米どころ 新潟のお米紹介 第一部

    日本一の米どころ 新潟のお米紹介 第一部 コシヒカリ! うま味と粘りが魅力の新潟…
  5. 2021-10-12

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)  2020年1月14日 […

アーカイブ

ページ上部へ戻る