「ネパール/ ヒマラヤにはまって!!」


卓話の時間

「ネパール/ ヒマラヤにはまって!!」
坂大 トキエ氏(東京やまと会副会長)

 1939年、南魚沼市に生まれ、20歳で故郷の八海山に初めて登った。

 川崎在住、結婚して2年目で自宅を新築。主婦で埋もれたくないと富士山に29歳で登り、登山がライフワークの一つになる。丹沢、尾瀬、日本アルプスを始め日本百名山の60座に登頂。
 社会教育機関(学童保育指導員)に20年勤め、定年と同時に自分で企画して出かけたヒマラヤの白い高峰に魅せられ10年で14回通うことになる。
 自分の力で頂上に立った時の達成感を求め海外の山へと駆り立てられた。“成せばなる何事も”の精神で、国内全47県、海外の旅はヨーロッパ、中南北米他62回を数え、ついに幻のロー・マンタンに女一人で入って怒涛のトレッキングの旅だった。

 その間に、「自分史」を書き、ふるさとの公民館の支援として蔵書の寄贈や地域盆踊りを守る会、リンゴ・サクランボ・梅・サトウキビなどの「猫の手援農隊」などの応援隊を組織した。
 ヒマラヤの現地の人は、つつましい生活であり、素朴で日本人に親切であった。お世話になったシェルパに日本語を教え、日本人トレッカーに必要なポーターの育成に努めた。子供たちに筆記具などのプレゼントしながら歩いていくうちに、ネパール・ムスタン地域開発協力会理事長で、ネパールにおいて世界最高地の稲作に成功したことで知られる新潟県出身の近藤亨氏と出会い、山村の学校のために何かしたいという思いを近藤氏に相談し、パソコン11台、カラーコピー機を寄贈するという形で実現した。なお、トレッキングとは、山歩きのことで、特に山頂登頂にはこだわらず、山の中を歩くことを目的としている。ただし、結果的に行動の過程で、山頂を通過することもある。

 坂大さんの現在の目標は、
 ・ 一回きりの人生をどう生きるかが大事
 ・ 命の長さよりどう生きたかが大事 
 と、締めくくられた。
(会報誌:2019年3月)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良寛さまをして、「この世に神様がいるなど疑いたく…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  7. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  8. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  9. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  10. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

     えちご妙高会の総会・懇親会は毎年7月に都内ホテルで100名を超える参加者を得て開催していま…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る