日本の酒

数多い「日本酒」本の原典

 19634年(昭和39年)──
坂口謹一郎・著『日本の酒』(岩波新書)が出版され、永い間、数多の日本酒に関する書物の中で燦然と輝く名著として評価されてきた。本書は、その名著が40数年を経て、装いも新たに、文庫化して登場。本書の表紙カバーのリード文には「…麹カビから育てた酒の文化史・社会史を古今の書に探り、科学の目で語る…」と。

全体の構成は次の七章。
第一章 甘口と辛口
第二章 品評会と統制
第三章 酒屋
第四章 民族の酒
第五章 酒になるまで
第六章 カビの力
第七章 日本の知恵
 日本の醸造学の最高権威が、分かり易い表現で酒を語る。

日本の醸造学の主流系譜

 著者・坂口謹一郎氏(1897~1994)は、越後上越市(旧・高田)の出身。東大応用微生物研究所長(初代)。文化勲章受賞。新春御
歌会始の儀に召人。 著書に『世界の酒』、『古酒新酒』、『愛酒楽酔』など。文字通り、日本の「酒の科学」の第一人者であり、第一級の文人である。

 現在、日本の醸造学の分野で活躍する人たちは、殆どが坂口氏の門下生。『日本の酒』の後継書ともいえるのが秋山裕一(1924~)著・『日本酒』(1994刊・岩波新書)。その目次。
第一章 日本酒の今昔
第二章 酒造りの原理
第三章 酒造りの不思議
第四章 日本酒の起源を語る第五章 日本酒に生きる人たち (広報委員長 樋口 高士)


日本の酒

坂口 謹一郎 著
岩波文庫
2007.8.17 刊

日本の酒

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良寛さまをして、「この世に神様がいるなど疑いたく…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  7. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  8. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  9. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  10. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

     えちご妙高会の総会・懇親会は毎年7月に都内ホテルで100名を超える参加者を得て開催していま…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る