師匠歌丸 背中を追い続けた32年

師匠・歌丸との関係を中心に描く落語家・桂歌助の半生

 本書は、「笑点」などで国民的人気落語家であった桂歌丸(元落語芸術協会会長 1936~2018)の弟子・桂歌助の著作。

 桂歌丸師匠は、2018年7月2日逝去。本書の出版は、7月24日であるが、師匠の死に合わせて書かれたものではない。
 著者が、生前の師匠に読んでもらいたく、高座の合間にずっと書き続けてきたという。 桂歌助師匠は、昭和37年(1962)、新潟県十日町市生まれ。地元の十日町高校を経て東京理科大数学科に進学。卒業後、数学教師志望から急角度に落語家志望へと転進。昭和60年(1985)、桂歌丸に入門。歌児となる。この辺の経緯は本書に詳細に記されているのだが、本書の構成は──
・第一幕 入門 (1985)
・第二幕 前座 (1986~)
・第三幕 二ツ目(1990~)
・第四幕 真打 (1999~)
・最終章 それから
というシンプルな五章立て。夫々の時代の師匠と弟子の独特な関係が、豊富なエピソードも交じえ、描かれている。

 この本を読んで伝わってくるのは、私なども多少のお付き合いの中で、日頃感じている彼の素朴で実直な人柄。師匠の弟子への意外ともいえるやさしさである。歌助師匠は、「はじめに」で書いている─「…本書は偉大なる「師匠・歌丸」の背中を永遠に追い続けていく私の成長の記録であり、師匠の弟子であることの誇りを表明したものである。」 (広報委員長 樋口 高士)


師匠歌丸 背中を追い続けた32年

背中を追い続けた32年
イースト・プレス・刊
定価・1,500 円+税

師匠歌丸

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  2. 駒澤大学禅文化歴史博物館企画展 「書でたどる良寛の足跡」開催される  東京世田谷の駒澤大学禅…
  3. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  4. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  5. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  6. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  7. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  8. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  9. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  10. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…

おすすめ記事

  1. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  2. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…

クローズアップ

  1. 2021-10-17

    日本の深海にあるレアアースを、世界へ

    日本の深海にあるレアアースを、世界へ 石井正一 内閣府戦略的イノベーション創造プログラム …
  2. 2021-10-12

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)  2020年1月14日 […
  3. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  4. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  5. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…

アーカイブ

ページ上部へ戻る