鮭・酒・情 三さけの恵み

鮭・酒・情 三さけの恵み
ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)

 「ほら、持っていげ」「あっ、ありがとね!」村上に帰るとぶっきらぼうに、はにかんだ笑顔で渡してくれる従兄弟の手作り真空パック。
 しょっぱいけど、長持ちしてごはんがどんどん進む、大好きな茶色の酒びたしです。

 故郷、村上に帰省すると、この「ほら、持っていげ」が嬉しくて、帰京が少し寂しくなるいつもの光景。でも今年は、この会話ができなくて、懐かしい村上の人たちに会うことができません。その気になればすぐに帰ることができると思っていたふるさとが、新型ウイルスの影響で外国みたいに遠い存在になってしまうとは想像もできませんでした。
 帰れないとなると、不思議とますます恋しくなる心のふるさと、四季おりおりの自然の恵み、

 は、コゴメやゼンマイの和え物、笹団子やちまきの美しい緑
 、 アユの塩焼き、枝豆、冷酒も最高
 、 同級生の田んぼから送ってもらう新潟米は日本一!
  なんといっても村上の鮭、もう家々の軒先につるされている頃でしょうか。

 そう、この随筆が掲載される頃はまさしく鮭の季節、はらこ(イクラ)が待ち遠しい季節…鮭は頭からしっぽ、内臓まですべてが、栄養の宝庫です。今までは苦手だったけど、今度、父が大好きだった、いいずしにも挑戦してみようかなと思います。この恵みも寒空で鮭を採ってくださる漁に携わる方々のおかげです。

 以前、NHKの「新日本紀行ふたたび」という番組がありました。
そこで、「越後鮭物語」という回があり鮭鑑を持つサケ漁の様子を放映していました。
名人と言われた先代の鮭とりの後を継いだ朝日村のおじいさんの物語でした。明日、鮭が取れますようにと仏壇に祈っていたそのおじいさんの姿が目に焼き付いて離れません。

 気がついてみると家の台所には、例の酒びたし、米はもちろんのこと、みそ、しょうゆ、最近はコーヒーまで地元のものになっています。
毎日の食卓に上る白いご飯は、同級生のご主人が丹精こめてつくった自慢のお米、本当においしくて、毎食ごとにエネルギーをいただいています。
そしてコーヒーは家の近所のコーヒー豆のお店。以前帰省したときに、偶然見つけました。そのおいしさに、家族でファンになり、今では、数か月ごとにお取り寄せです。 そうだ、北限のお茶、村上、栽培の歴史400年の我が村上茶があるではないですか。お茶も今度はお取り寄せしよう。

 そんなことを思っていた矢先、先日、仕事で富山への出張がありました。そこで目にしたのが新幹線にあったトランヴェールという情報誌。
 ページを開いたら、駅弁ギャラリーのトップに「村上牛しぐれ」のお弁当!
少しだけ引用させていただきます。

 「一面 肉、肉、肉、隙間なく重なり合うように牛、牛、牛。
 新潟県の村上と聞けば、鮭を思い浮かべるに違いない、でも今回は牛である、(略)白いご飯ごとすくいあげパクリといけば、村上牛の独島の甘味が口に広がった。
 通り過ぎる車窓の風景が、舌をより敏感にする。旅情をかきたてる。」

 ううっ、行きたい、食べたい、帰りたい。仕事が終わったら東京ではなく、そのまま北上して、直江津→長岡→新潟→村上に行けたらなあ…と妄想してしまいました。

 こうやってページを開いていくと、味探訪あり、観光タクシー案内あり、ふるさとが呼んでくれている気がします。
Go to も始まってもう帰っていいですか? いやもう少し待ったほうがいいですよね。

 大切なふるさとと、人のために、感染対策を完璧にして、訪れたいと思います。

 それまでは、ふるさとの味を満喫しながら、美しい山河に想いを寄せて、暮らしましょう。

 この秋は熊の出没が多かったとのこと。どうか皆様、ご安全に。  (会報誌:2020年12月)

引用画像:村上の鮭村上牛しぐれ

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良寛さまをして、「この世に神様がいるなど疑いたく…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  7. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  8. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  9. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  10. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

     えちご妙高会の総会・懇親会は毎年7月に都内ホテルで100名を超える参加者を得て開催していま…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る