村上大祭

 本書は、著者・横川健さんの『村上の四季』(1997刊・朝日新聞社)、『三面川の鮭』(2005刊・朝日新聞社)に続く〝村上三部作〟といわれる著作の完結編である。最初のきっかけは、たまたま、私が会館事務局で、『三面川の鮭』を手にしたことだった。

 元来、私は、鮭というものになみなみならない興趣を抱くものである。それは、幼き頃、12月の中頃になると、我が家の台所に、一本の塩鮭がぶら下がり、正月が愈々近づいてきていると、心ときめかせたものだった。いうまでもなく、それが〝しょーびき〟と祖母や母たちが呼ぶ大晦日の〝齢とり魚〟だったからである。

 『三面川の鮭』は大変優れた写真集で、頁を繰っていくうちに著者が私と同じ横浜在住であること、会社定年後、趣味の写真の撮影対象を村上に絞って、1年8カ月にわたり現地に住み、撮影を続けたこと。私と同じ系列の写真倶楽部「全日写連」に所属してることもわかり、写連事務局を通じて連絡を取らせていただいたのである。

 そして、横川さんの心くばりにより、最新刊ということでお贈り頂いたのが本書というわけである。もとより、私自身、写真愛好家であり、かつ〝お祭り〟愛好家でもある。

 本写真集(B5判オールカラー160ページ)は、5章からなっており、大祭や神社の歴史をはじめ、屋台の組み立てから巡行、夜間のクライマックスまで写真で紹介するほか、おしゃぎり会館や村上藩、漆など大祭に関わる寄稿文なども掲載されている。

 横川さんは、本書あとがきで「母親が赤ちゃんを抱いて屋台の綱を引き、お囃子と村上甚句のハーモニーにつられ、村上椎州朱の美しい屋台が練り歩く。そして、親子3代が一緒になって祭りを祝う。そんな祭りの強い絆が、情け深い町をつくりだす基になっていると思う」と記している。

村上祭の屋台行事重要無形民俗文化財に

 平成30年(2018年)1月、国の文化審議会は村上市の「村上祭の屋台行事」を重要無形民俗文化財に指定するよう林文科相に答申。3月正式に指定書が交付された。村上大祭は1633年(寛永10年)村上城下の羽黒神社の遷宮を祝って始まった、385年の歴史を持つ祭礼。7月6日、7日が祭礼。 (広報委員長 樋口 高士)


村上大祭

横川 健 著
幻冬舎ルネッサンス 2012.7.1・刊

村上大祭

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る