世界三大珍味とは何と何と何?

随想四季

世界三大珍味とは何と何と何?
日本の三大珍味は?

 先日の広報委員会の流れで地下の「朱鷺」に有志が集まった。インフォーマルな編集会議である。意外と本音が聞けたり、注目に値する面白いアイデアが出てくる。この時も誰かが「三大珍味」は何と何なのだろう?と言った。

世界三大珍味

 世界三大珍味は良く知られている。キャビア、フォア・グラ、トリュフである。

 キャビアはチョウザメの卵の塩漬け。おもな産地はロシアで卵の粒が大きなベルーガがブランド価値が最も高い。

 フォア・グラは、鵞鳥または鴨に強制肥育で肥大させた肝臓。最近は動物虐待だと反対運動も起きている。

 トリュフはセイヨウショウロ(西洋松露)属のきのこの総称。広葉樹の根に菌根をつくって生育し、地中に塊状の子実体を形成する。匂いが強いことから豚や犬を使って見つけるそうだ。フランス産の黒トリュフ、とイタリア産の白トリュフが特に珍重されている。

日本の三大珍味

 一般に、日本の三大珍味と言えばウニ(塩うに)、カラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)、このわた(なまこの腸の塩辛)のことである。より狭義には「越前の雲丹」「長崎野母の唐墨」「三河の海鼠腸」である。
 しかし、地方によっては少し異なるようだ。地方の珍味を示すと左記のようになる。

 いくら、めふん、ホヤ、くさや、松茸、アワビの肝、アン肝、くちこ、ふぐの卵巣の糠漬け、へしこ、鮒寿司、酒盗、辛子明太子、豆腐よう、ボラの胃、…等が適宜入れ替わる。

三大〇〇って誰が決めてるの?

三大〇〇と言うのはよく聞く。上越市の高田城址公園の夜桜は「日本三夜景」として有名だと子供の頃から聞かされてきたが、残りの二カ所がどこだか知らずに来た。

 五十年ほど前に調べてみたことがある。その時は日本三大夜桜は、新潟県の「高田公園」、京都の「円山公園」、長崎の「丸山公園」とあった。しかし、ソメイヨシノの寿命は五十年とも言われ、メンテナンス次第では見る影もなくなってしまう。

 現在の「日本三夜景」は、青森県弘前市の「弘前公園」、新潟県上越市の「高田公園」、東京都台東区の「上野恩賜公園」となっている。どうも「三大○○」の根拠は曖昧なものが多い様だ。誰かが決めた訳でもなく、 世界共通という訳でもなく、 明確な根拠や基準もない。

 世界三大美女と言えばクレオパトラ、楊貴妃、小野小町と思っていたが、これは日本だけの話。世界では小町に代わってヘレネ(ギリシャ神話に登場する女性)が入る。世の中にPRしたいが、世界一と言ったらクレームが出そうだ。「三大○○」と曖昧にしておけば文句が来ない?と言うことのようだ。

不思議な数字「三」

 数字の「三」にまつわる言葉は非常に多いが何故「三」なのだろうか。太古の昔、数の概念はあったが数字の表現が乏しく「三」が一番大きな数字と考えられていたそうだ。現在でもイヌイットやアフリカの原住民の一部では、物の数え方が「一」「二」「三」「タクサン」としているところがあると聞く。

 日本では、我々の住む世界は三次元であり、「三」に「無限大」のような神秘性を感じていたようだ。「三界に家なし」「仏の顔も三度」「石の上にも三年」「三度目の正直」「三人寄れば文殊の知恵」「三日坊主」「居候三杯目にはそっと出し」…とあるように「三」は最後なのだ。また、「三顧の礼」「三国一」「三尺下がって師の影を踏まず」「三拍子揃う」…等「三」が入る多くの例があげられる。

 日本書紀が原型になったと言われる浦島太郎は竜宮城に三年滞在し、桃太郎の家来も三匹だった。 (鯰/会報誌:2017年8月)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  2. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  3. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  4. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  5. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  6. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  7. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  8. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  9. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  10. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…

クローズアップ

  1. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  2. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  3. 2021-6-11

    コロナの一年半、あれこれ。

    コロナの一年半、あれこれ。 樋口 高士 一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が…
  4. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る