2018年 うえの夏まつりパレード

本来であれば今の時期 開催されていたはずの「うえの夏まつりパレード」。会館がまだ建て替えられる前の2018年7月21日の様子を掲載します。尚、原稿は当時の掲載内容をそのままとしています、ご了承下さい。


第三十五回うえの夏まつりパレードに参加

実行委員長 佐藤 永久

 毎年恒例となっている「うえの夏まつり」は、今年は第三十五回目の開催で、東京新潟県人会では、同じ町内に事務所を置くものとして、毎年このまつりのパレードに参加のお招きをいただいている。今年も、新潟県を代表する「佐渡おけさ」流しで参加、パレードを盛り上げた。

 東京新潟県人会からの佐渡おけさ参加者は、総勢百二十二名、お揃いのゆかたで民謡「佐渡おけさ」のお囃子のリズムに合わせて、百人超おけさ流しを踊る、その姿の迫力は、沿道の観客の大注目を集め、感動を与えた。このパレードに参加するに当たっては二回にわたり特別練習を実施し、厳しくおけさ踊りの練習をしてきた。

 指揮者代表は加藤全宏さんが当たり、他に柳正直さん、立浪会の青沼多嘉子さん等が指揮に当たった。
 さて、本番のパレード当日、7月21日は心配していた雨天では無かったものの、大変な猛暑にみまわれた。その天候で暑さにも負けずパレードは粛々と、しかも整然と上野広小路から不忍通りまで、おけさ踊りを無事に流すことができた。

 東京新潟県人会を代表しての、見事な踊りに沿道の観客からも惜しみない絶賛の大拍手が送られた。毎年のことながら、うえの夏まつりは上野観光連盟のメインとなる年中行事で、パレードの参加団体も多く上野で最大の行事である。

 今年も大勢の人出となり大盛況の祭りの一役を担うことができた。(2018年7月)


猛暑の中、お疲れ様でした

(写真:榊 勝彦)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良寛さまをして、「この世に神様がいるなど疑いたく…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  7. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  8. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  9. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  10. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

     えちご妙高会の総会・懇親会は毎年7月に都内ホテルで100名を超える参加者を得て開催していま…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る