コロナの一年半、あれこれ。

コロナの一年半、あれこれ。
樋口 高士

一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が発端

 この一年半。日本の社会を、いや地球全体を覆っている「コロナ禍」という暗雲。振り返ってみると、私が、最初にこの「コロナ・ウイルス」を強く意識したのは、昨年(2020年)2月4日、私の地元・横浜港に巨大客船「ダイヤモンド・プリンセス号」が帰港した時だった。

 本船は、ツアー客2千人余を乗せて、1月20日にこの横浜港を出港。1月27日に香港で下船の乗客のコロナ感染が発覚。1月初旬以来、中国武漢市で猛威を振るっている「新型コロナ」が、この帰港によって、俄かに現実味を帯びたのだった(乗員・乗客・3,711人のうち、692人が感染、重症者36人、死者4人。2月25日時点)。

 港は騒然。マスコミ報道も騒然。ここからの、あれよあれよという感じの急展開は、私たちが、等しく実体験してきた通りである。

二、特措法に基づく初めての 緊急事態宣言 発令

 2月14日 国内初死者
 2月15日 東京・屋形船で7人の感染者(クラスター・感染者小集団)
 2月24日専門家会議─これから1~2週間が瀬戸際
  ・大型イベントの中止
  ・立食パーティーの回避
 3月09日 専門家会議─3密(密閉・密集・密接)の排除
 3月14日 改正特措法 成立(緊急事態宣言の為の条件が整った)
  かくして、4月7日(火)緊急事態宣言 発令へとつながる。


朝日新聞4月8日

 安倍首相談話「全国的かつ急速な蔓延により、国民生活及び国民経済に甚大なる影響を及ぼす恐れがある事態が発生したと判断」(4月7日)上掲の新聞(朝日4月8日)を、手にしたときは本当に驚いた。7㎝幅の黒ベタに、白ヌキ5.5㎝ 角の文字が並ぶ見出しは、私の知る限りこれまでの最大のものだった。

三、「新型コロナ・ウイルス」とは、そもそも、なにもの?

 連日の溢れんばかりのマスコミ報道によって、私たちは、漸く「コロナ」を知ることになる。
イ、新型コロナ・ウイルスとは
 ヒトに感染するコロナ・ウイルス7種のうち、重症の肺炎を引き起こすものは3種。
(1) SARS(2002年・中国で発生)
(2) MERS(2012年・中東で発生)
(3) 新型コロナ・ウイルス(COVID-19)

ロ、どんな風に感染するか
 主な感染経路は、感染者の「せき」、「くしゃみ」、「会話」で生じる「飛沫感染」。ウイルスが付いた場所を触った手で、目、口、鼻を触ることによる「接触感染」。感染すると、37.5℃以上の熱が出て、だるさ、せき、のどの痛みなどが生じる。

四、100年前の「スペイン・インフル」が今回の「コロナ禍」を暗示

 膨大な「新型コロナ」情報の中で、私が特に注目したのが、磯田道史氏の論稿(文藝春秋)の中で氏が紹介していた「スペイン・インフルエンザ(風邪)」のこと。それは、私が若き日愛読した仏蘭西の詩人・アポリネールが、1918年に「スペイン風邪」で死す。という微かな記憶が頭の片隅にあったことも作用。

 速水融・著『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 人類とウイルスの第一次世界大戦』(2006年2月刊 藤原書店)


日本を襲ったスペイン・インフルエンザ

 速水融氏(1929~2019)は、「今後の日本社会を襲うリスクでは〈ウイルスのパンデミックス〉が一番怖い」と既に警告していた。ちなみにスペイン・インフルエンザは、欧米各国で猛威を振るい、感染者6~8億人、死者4千万人といわれている。(当時の世界人口18億人)。

 丁度100年前のスペイン・インフルエンザは、日本でも終息まで約2年かかっている。第1波(1918年5~7月)、第2波(1918年10月~1919年5月)、第3波(1919年12月~1920年5月)。そして、第1波では死者はほとんどでていないにもかかわらず、第2波では、ウイルスが変異したことにより、致死率が高まり、26万人もの死者が出たという。なにやら今回の「コロナ禍」の行く末を暗示していたようだ。

五、「新型コロナ・ワクチン接種」に微かな光明を求めて

 年が明けても、コロナの荒波は衰えるどころか、大型の「第3波」。さらに新たな脅威・感染力がより強いという「変異株」による「第4波」。そして、1月の2度目に次いで、4月24日には遂に3度目の「緊急事態宣言」。
 いま、私たちが、等しく前途に望みを託しているワクチン。わが家にも、横浜市から漸く通知が到着。5月5日。すったもんだの末、やっと、第1回 5月23日、第2回 6月13日の予約が取れたのだった。(2021年5月6日)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る