良寛と童 (富川潤一・画)

「良寛と童」(富川潤一・画)

子ども好きであった良寛をもっともよく表現しているといわれる作品。昭和六十年の夏に出雲崎町の光照寺(良寛が剃髪した寺)で描かれた。 (出雲崎町 良寛記念館蔵)

とみかわ・じゅんいち(明治40~平成7年)
新潟県長岡市(旧栃尾市)生まれ 洋画家安宅安五郎に師事 30歳ころ日本画の研究も始め京都に移住 良寛を描くときは水彩画を用いた 良寛を描くことになった理由は富川家と良寛の山本家は外戚関係にある 祖母から逸話を聞かされ育ったといわれ良寛を身近に感じていた


色青く面やせたる僧に惹かれる

細川護熙 もりひろ (永青文庫理事長)

寒炉深く炭を撥く
孤灯さらに明らかならず
寂寞として半夜を過ごすに
只聞く遠溪の声

自らの生き方を考えるとき、思いを馳せずにはいられぬ中の一人が、良寛で す。子供たちと日がな手まりをついて遊んだという、温容の人としての側面がよく知られていますが、厳しい修行に明け暮れた「色青く面やせたる僧」としての側面を秘めているところに、惹かれてきました。

永青文庫では、2021年6月1日から8月1日まで、初夏展「心のふる さと良寛Ⅱ」を開催します。当館では、2018年に「生誕260年 心のふる さと良寛」展を開催し、国内有数のコレクターのご協力を得て、初期から晩年までの遺墨百九点を展示しました。本展はその第二弾として、良寛を支えた女性たちとの交流、その人となりの分かる名品、良寛を敬愛した著名人の作品が紹介されます。

東京で唯一の大名家直系の美術館である永青文庫は、肥後熊本五十四万石を治めた細川家の下屋敷跡にあり、細川家伝来の美術工芸品や歴史資料、設立者である十六代細川護立の蒐集品を保存・研究・公開しています。良寛没後190年目にあたる2021年、永青文庫が良寛愛好者の出会いの場となれましたら幸いです。

 全国良寛会会報「良寛だより」第172号
(資料提供:東條玉英/2021年6月3日)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  2. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  3. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  4. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  5. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  6. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  7. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  8. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  9. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  10. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…

クローズアップ

  1. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  2. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  3. 2021-6-11

    コロナの一年半、あれこれ。

    コロナの一年半、あれこれ。 樋口 高士 一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が…
  4. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る