能生白山神社春季大祭【写真】

糸魚川市

能生白山神社春季大祭

毎年4月24日に行われる能生白山神社春季大祭で奉納される舞楽は、糸魚川市内に4つある国の重要無形民俗文化財の一つです。
室町時代の中頃には大阪四天王寺から伝承され、舞楽が奉納されていたといわれています。 稚児が主役の舞いが多く、近郷近在の人や遠来の客を神遊びの世界へと魅了し、最後を飾る「陵王の舞」は圧巻です。

◇夕日を浴びて舞う、最後の「陵王の舞」について
舞楽書の左舞「蘭陵王」であり、「走舞」の代表です。頭に動物の赤熊毛をつけ、手に中啓(扇)を持っています。
中国北斉の蘭陵王長恭が戦の際、柔和な顔立ちを隠すため面をつけて出陣したという故事によるといわれ、「蘭陵王入陣の曲」と呼ばれています。舞台の中央で夕日を招く所作があり、「日招きの舞」とも云われる。舞に先立ち楽屋で「面渡しの儀式」が行なわれます。
能生白山神社舞楽の最重要とされる舞です。

能生白山神社春季大祭

Photos by Takashi.Watanabe

索引:いといがわベース

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  2. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…
  3. 小千谷は、古くて新しい町 ──幕末史実・縮織・錦鯉・へぎそば…… 上越新幹線・長岡駅から、在…
  4. 2013年01月19日(土) ホテル椿山荘東京 プラザ5階オリオンの間 去る2013年東京新…
  5. 抒情画家:父 蕗谷虹児 2014年7月6日 第29回文化講演会 デビュー百周年記念 特…
  6. 随想四季 六道の辻(京都逍遥) 大原 精一 一.六道の辻とは  京都の鴨川に架かる松原橋を東…
  7. 白鳥十三(画家)  1949年新潟市生、新潟高校卒、早稲田大商学部卒。 大学在学中から絵画研究所…
  8. 2020/6/18

    雪の窯珈琲
    「雪の窯珈琲」は十日町市出身の樋口陵太さんが2016年5月14日に、かまくらの中で過ごすようにほっこ…

クローズアップ

  1. 2021-6-9

    卓話の時間:紺野美沙子さん 

    紺野美沙子さん の「卓話の時間」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)15:00~…
  2. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…
  3. 2021-2-23

    遠藤実の想い出 心の故郷、新潟は作曲の原点

    [卓話者]遠藤 由美子 氏 一般財団法人 遠藤実歌謡音楽振興 財団理事長、遠藤実記念館館長 …

おすすめ記事

  1. 2021-5-3

    能生白山神社春季大祭【写真】

    糸魚川市 能生白山神社春季大祭 毎年4月24日に行われる能生白山神社春季大祭で奉納される舞楽…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る