送別歌

宝田明―俳優、1934年朝鮮生まれ。2歳の時に父の仕事で満州(今の中国東北部)に移り、1945年の終戦をハルピンで迎える。敗戦のために中国での裕福な生活から一転し、12歳の時に満州から地獄を見るような苦労をして引き揚げてきた。「送別歌」というこの本の題名は、大陸で生まれ育ち、多感な時期を過ごし良くも悪くも記憶に残る大陸との別れとまだ見ぬ祖国への期待など、引き揚げ船の上で想い・感じた事を後に漢詩で詠んだものだという。

 昭和21年の引き揚げで本籍のある村上へ。この時代厳しい生活はどこも同じで、貧しく厳しい中学生時代を本籍の村上で過ごす。先祖は村上藩士で厳格な家柄だった。朝鮮総督府の海軍武官だった祖父の勧めで、父も鉄道技師として朝鮮に渡り総督府鉄道に入り、宝田明はここで出生した。

 その後親戚を頼って上京するが苦しい生活は変わらず、苦労をしながら高校卒業後1953年に芸能界へ入る。東宝映画のニューフェイスから早々にゴジラ映画で主演をとるなど芸能界で躍進し、その後もミュージカル舞台やテレビドラマでも活躍する。70歳を過ぎてからは自らの戦争体験をもとにした音楽朗読劇「宝田明物語」を企画し、現在も活躍中である。

 この本では前半で大陸育ちのコスモポリタン、消えない弾痕、引き揚げ後の異邦人としての旅路など苦しい体験を語り、後半はゴジラの生き証人、日本映画の光と影、ミュージカル俳優への転身など芸能界の話、エピローグとして「私の願い」と、纏めている。

 中国語が堪能な宝田さんは映画界に入った後、台湾や香港の映画にも一人で出演し、中国の関係者から直接日本軍の話を聞くことがあった。この時思ったことは、終戦の直前に無政府状態のハルピンの街に突然ソ連軍が侵攻してきて、ソ連兵はやりたい放題。略奪、暴行、凌辱の限りを尽くした。幼い目にしっかり焼き付いたこれらソ連に対する憎汚は消すことが出来ず、「私が今のロシアを絶対に許せないのと根っこは同じ」と語る、そして厳しい戦争の実体験から戦争は絶対に反対「不戦不争」という姿勢は今の活動も良く表れ、「間違ってもあのような戦争を起こしてはならない」と、いう信念は良く表わされ、著者の生きざまがしっかりと貫かれているこの本に感銘を受け、是非多くの皆さんに読んでいただきたい本となっている。(広報委員・佐藤 勝)


送別歌

送別歌
宝田 明 著
ユニコ舎・刊
2021年1月30日

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  2. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  3. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  4. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  5. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  6. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  7. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  8. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  9. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  10. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…

クローズアップ

  1. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  2. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  3. 2021-6-11

    コロナの一年半、あれこれ。

    コロナの一年半、あれこれ。 樋口 高士 一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が…
  4. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る