蕗谷虹児展【レポート2】


NIIGATA(新潟県)が生んだ、
〈大正ロマン〉の幕開から〈昭和〉にかけて活躍した[画家・詩人]

蕗谷虹児 〔夢・慈愛・虹の世界〕


「花嫁」1968年

花嫁人形

金襴緞子の 帯しめながら
花嫁御寮は なぜ泣くのだろ

文金島田に 髪結いながら
花嫁御寮は なぜ泣くのだろ

姐さんごっこの 花嫁人形は
赤い鹿の子の 振袖着てる

泣けば鹿の子の 袂がぬれる
涙で鹿の子の 赤い紅にじむ

泣くに泣かれぬ 花嫁人形は
赤い鹿の子の 千代紙衣裳


「柘榴(ざくろ)を持つ女」1927 年


「旅の絵だより 出帆」 1926年

大正期から昭和期にかけて詩情溢れる「抒情画」で第一線を歩む
蕗谷虹児 略年譜

・1898年(明治31)現・新発田市で生まれる。(本名・一男)
・1913年(大正2)新潟古町出身の日本画家・尾竹竹坡(ちくは)に師事
・1920年(大正9)竹久夢二の紹介で、挿絵家デビュー
・1921年(大正10)虹児に改名 朝日新聞連載の吉屋信子『海の極みまで』挿絵に大抜擢
・1924年(大正13)『令女界』に詩画「花嫁人形」発表
・1925年(大正14)フランス パリヘ留学。翌年から「サロン・ドートンヌ」展に3回連続入選
・1929年(昭和4)帰国。パリ風モダン画風の挿絵で人気を博す。戦後。復刊の各誌に執筆再開。1950年代より多くの絵本を手がける
・1966年(昭和41)新潟市西堀通りに、代表作「花嫁人形」(上掲)の詩碑が建ち、自身除幕式に参列
・1979年(昭和54)中伊豆温泉病院にて没す。享年80歳
・1987年(昭和62)新発田市中央町に「蕗谷虹児記念館」開館


「潮風」 1928年


講談社の絵本「人魚姫」(魔法使いと人魚) 1956年

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  2. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  3. 紺野美沙子さん の「卓話の時間」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)15:00~…
  4. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  5. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  6. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  7. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  8. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  9. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…
  10. 小千谷は、古くて新しい町 ──幕末史実・縮織・錦鯉・へぎそば…… 上越新幹線・長岡駅から、在…

クローズアップ

  1. 2021-6-27

    紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」

    紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  2. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…
  3. 2021-2-23

    遠藤実の想い出 心の故郷、新潟は作曲の原点

    [卓話者]遠藤 由美子 氏 一般財団法人 遠藤実歌謡音楽振興 財団理事長、遠藤実記念館館長 …

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る