シャンソン歌手 渋谷文太郎


文太郎さんの歌を初めて聞いたのは、2018年9月の東京新潟県人会 芸能大会のときだった。芸能大会はプロの方もいるが、大半は趣味の一環で歌や踊りを披露する会員の方達だ。その中で圧倒的な声量でCon Te Partiro(君と旅立とう)を歌いあげ、プロの存在感を見せつけてくれた。

文太郎
東京新潟県人会 芸能大会2019より

芸能大会は2018年度で11回目となり歴史はそれほど古くない。その中でゴスペルの蘭燃(らんねん)さんのヴォーカリストの記憶は今だ残っている。
そして、2018年の芸能大会に登場した渋谷文太郎さんも、私にとって記憶に強く残る新潟出身のヴォーカリストとなった。
 
文太郎
東京新潟県人会 芸能大会2019より

その文太郎さんが、今年2020年の東京新潟県人会 新年祝賀会に登場し「見果てぬ夢(La Quête)」を披露してくれた。『新年会は小林幸子さんの音響を使わせて頂けたこともあり、とても良い音で歌う事が出来ました』とのコメントも頂いている。
 
文太郎
東京新潟県人会 芸能大会2019より

文太郎さんは新潟市出身、現在 京都市在住。京都・東京・新潟に限らず全国にまたがってライブ活動を行っているとのこと。シャンソンだけでなく映画音楽、ポップス、ジャズなど幅広いジャンルに挑戦している。
 
文太郎
東京新潟県人会 芸能大会2019より

既に東京新潟県人会で知る人も多くなってきた。男前の文太郎さんは、会員のご婦人層に広く人気がある。
 
文太郎
東京新潟県人会 新年祝賀会2020より

しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、予定していたライブや公演が相次いで中止となっている。多くのアーティストが困惑する事態、負けずに頑張って欲しい。
 
文太郎
東京新潟県人会 新年祝賀会2020より

 
渋谷文太郎

文太郎/恋しくて (2019 6/16 C・LAPS Live) より
 
(広報ウェブ:榊 勝彦)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る