大黒屋(出雲崎町)

中越

口に入れれば雪のように溶けるお菓子

 良寛さんが書簡にて所望したといわれるお菓子「白雪糕(はくせつこう)」。一度途絶えてしまったのですが、良寛禅師百年忌の時(昭和5年)秘法書(製法書)が見つかり、それを参考にして今の白雪こうが出来たとのこと。原材料は「米粉 砂糖 漢方 水飴」。その当時は、お湯に溶かして母乳の代用にしたり、滋養に良いとも言われています。和菓子屋「大黒屋」があるのは良寛ゆかりの地、出雲崎町の妻入りの町並みの中。一袋(一箱)700円。包装紙には行灯の前で本を読む良寛さんの姿が描かれています。落雁よりも空気と水分を含んだやわらかい食感で、お茶によく合います。

 「大黒屋」さんは良寛の書が焼き印で押されている「良寛せんべい」(10種類)など、良寛にちなんだお菓子を多く作っているので、良寛好きな方にはおすすめのお店です。
 お店がわかりにくいのはちょっと難点。国道352号線から一本入ったところ、妻入りの町並みの中にあります。国道沿いにある「道の駅 出雲崎天領の里」の前にある駐車場に車を停めて歩いてみるのが良いと思います。

住所:〒949-4308 新潟県三島郡出雲崎町尼瀬293-1(不定休)
TEL:0258-78-2101

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…
  2. 小千谷は、古くて新しい町 ──幕末史実・縮織・錦鯉・へぎそば…… 上越新幹線・長岡駅から、在…
  3. 2013年01月19日(土) ホテル椿山荘東京 プラザ5階オリオンの間 去る2013年東京新…
  4. 抒情画家:父 蕗谷虹児 2014年7月6日 第29回文化講演会 デビュー百周年記念 特…
  5. 随想四季 六道の辻(京都逍遥) 大原 精一 一.六道の辻とは  京都の鴨川に架かる松原橋を東…
  6. 白鳥十三(画家)  1949年新潟市生、新潟高校卒、早稲田大商学部卒。 大学在学中から絵画研究所…
  7. 2020/6/18

    雪の窯珈琲
    「雪の窯珈琲」は十日町市出身の樋口陵太さんが2016年5月14日に、かまくらの中で過ごすようにほっこ…

クローズアップ

  1. 2021-2-23

    遠藤実の想い出 心の故郷、新潟は作曲の原点

    [卓話者]遠藤 由美子 氏 一般財団法人 遠藤実歌謡音楽振興 財団理事長、遠藤実記念館館長 …
  2. 2020-12-6

    ふれあいふるさと館 竣工式

    東京新潟県人会館竣工式 2020年12月6日(日)、快晴のもと東京新潟県人会館竣工式が行われま…
  3. 2020-11-16

    沢口靖子さんほか有名女優さんたちのスタイリストとして30年

    沢口靖子さんほか有名女優さんたちのスタイリストとして30年 [卓話者]今井ゆう氏 東京やまと会…

おすすめ記事

  1. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  2. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  3. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…
  4. 2020-12-4

    親不知・子不知(糸魚川市)

    糸魚川市 眼下70mの日本海を望む  天下の険として有名な親不知・子不知海岸。親不知駅周辺に…

アーカイブ

ページ上部へ戻る