100周年の思い出、そして110周年へ

100周年の思い出、そして110周年へ

村上市出身 細井ミツ子

 令和2年9月26日、一通のハガキを受け取った。あれ、見たことのある文字だなぁと思ってよく見てみるとなんとそれは10年前に県人会の100周年記念式典の会場から自分自身に宛てたハガキだったので驚いた。

 10年前、前夜祭での「おけさ流し」や「民謡流し」のことが懐かしく思い出された。「民謡流し」では県人会の「おけさクラブ」も参加して大いに汗をかきました。


東京新潟県人会100週年記念 記念植樹


東京新潟県人会100週年記念 大交流祭の前夜祭


東京新潟県人会100週年記念 大交流祭の前夜祭

 午後からはふる里の森に於いて植樹が行われ、県木である雪椿を中心に植えられたと記憶しています。私はその後木の成長を見ていないが、どんなに大きく成長しているだろうか。元気なうちに会いに行きたいものである。

 9月25日の大感謝祭は盛大に行われた。会場の朱鷺メッセは初めての経験であったがとても広くて立派な会場であった。4Fのマリンホールはお客様で溢れていた。

 私たちは、会場の入口で、お客さまにパンフを手渡す係をしていたので、会場の催しは交代で見る程度であったがイベントはどれも大盛況であった。

 当時大活躍されていた大先輩の役員の何人かは故人となられましたが、その方々の残された功績は、末永く県人会や会員の心の中で輝き続けることでしょう。


東京新潟県人会100週年記念 大交流祭


東京新潟県人会100週年記念 大交流祭


東京新潟県人会100週年記念 抽選会


東京新潟県人会100週年記念 大交流祭

 私は、ハガキにも書いたように、この10年を生きてまいりましたが、その間何人もの友人を亡くしたり、私自身も乳癌の手術をしたり予期せぬことがいろいろありました。しかし、東京新潟県人会に入ったことで、病についても悶々と考えることもなく、みなさんに逢うことが心の支えになりました。

 このたび、新しい新潟県人会館「ふれあいふるさと館」が関係者の並々ならぬご尽力、そして会員のご協力によって完成の運びとなりました。その新しい会館で110周年を迎えることは 幸せであり有り難いことであります。これからの10年は少しでも若い会員に入ってもらうことや、地域との交流を今よりさらに深めていく必要があるでしょう。

 そのためにはどうしたらよいか、110周年を迎える東京新潟県人会は発足以来、大変な努力をなさってこられたと思います。大戦もありましたし、任意団体であるから会費や寄附金で成り立っている会であるので、設立当時から莫大な寄附をされてきた方々がいらしたので今日があると思います。ふるさとを思う仲間、努力して掴んだ財力、そして同郷出身の後輩を育てるという意気込みが新潟県人会の礎となっていると思います。その先人の方々には心から感謝するところでございます。

 さて、110周年を迎えたことにより、これからの東京新潟県人会館、東京新潟県人会はどのように運営していくべきなのか。これはみなが思っている重大な問題であろうかと思います。私どもが老年期を迎えた最近は特に社会情勢も著しく変化しました。70~80代の人間には到底ついていけなくなってきました。少子高齢化の時代、青年、壮年層を掴むことは難しいと思いますが、現代の機器、未来の機器を使いこなし、数字を理解する力・企画・経営も新しい時代に相応しい役員を育てる必要があると思います。コロナウィルスが蔓延して世界中が全く先が見えない危機にさらされている昨今、人の働き方もテレワーク、その他変わってきました。その中でどう生き、どんな社会を築いていくか大きな問題であろうと思います。

 最後に、第96回定時総会で制定した県人会の理念を掲げ、常にこれを心に受けとめておきたいと思います。

一、郷土愛でつながる人の和
一、友愛と協調
一、ふるさとへの架け橋


10年前のハガキ と 2019年納涼まつり時の実行副委員長として壇上での謝辞

(2020年12月 会報誌:細井 ミツ子、大交流祭の写真:榊 勝彦)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る