良寛の生き方は地球を救う

随想四季

良寛の生き方は地球を救う 小林 保廣

はじめに

 戦後六十三年、会員の皆様には郷里新潟を離れ、日常の生活もままならない苦境を、自らの力で頑張り乗り越えてこられた方々が大半かと思いますが、近年、経済活動がアジア地域等で進むにつれ、一段と環境破壊が全地球規模の重要な課題となってきております。
 人間の知恵を可能な限り出して技術開発を進める一方、我々地球上の一人一人の日常の生活を見直すことも地球汚染を食い止める基本的な力であると考えます。
 このような観点から、良寛さんの生き方をいま、改めて考えてみようと思って筆を執りました。


良寛和尚誕生の地「良寛堂」

良寛の生き方は地球を救う

 良寛さんは、財産や名誉、権力など人間を惑わす一切の想念を取り払って、(物質的にはこの世で最も貧しい生活を続けながら、清らかで美しく優しい心をもって、風雅で芸術の境地に浸りながら優々とした人生を送りました。)良寛の心を支えたとされる仏教では、一宗一派に組せず、釈迦仏教そのものに迫り、純粋な生活を送りました。「やわらかな心」、大人でも子供でもまた動物や植物にいたるまで同じ愛情で接する等、その人間性と慈愛は「生き仏」であるとさえ言われるにいたりました。
 今では国内はもとより、世界各国でも良寛の思想や生き方等に関心を寄せる人々も多くなり、世界七カ国語で良寛に関する著作が出版されるという広がりを見せています。

 良寛は万葉集を学びながら、平明で清らかな良寛調とも言われる歌風を確立し、千四百首にも及ぶ歌を遺しました。情感に満ちた七〇〇余りの漢詩を詠んで、また書芸では、枯淡無類にして他の追随を許さないという格調高い書風を遺し、国内外を問わず漢学や国学に対する深い学識は、当時超一流の学者でもありました。【出典 全国良寛会】


良寛と夕日の丘公園のシンボル
良寛と子供の「語らいの像」(蔵木弘次作)

(会報誌 2008年3月 小林 保廣)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良寛さまをして、「この世に神様がいるなど疑いたく…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  7. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  8. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  9. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  10. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

     えちご妙高会の総会・懇親会は毎年7月に都内ホテルで100名を超える参加者を得て開催していま…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る