高野酒造株式会社


酒どころ新潟 酒造めぐり

高野酒造株式会社

 残暑がまだ厳しい8月26日、JR越後線「越後赤塚駅」 下車。田園地帯を抜けた先の広大な敷地の酒蔵、高野酒造株式会社で高野代表からお話を伺うとともに、酒蔵を見学させていただいた。

高野代表からのお酒に込めたメッセージ

 日本酒は日本の国酒です。長い歴史の中、先人たちの苦労や英知によって生み出された日本酒の伝統技術は現在に受け継がれています。その過去の良き伝統を重んじながら、現在の嗜好に合う新たな酒造りに挑戦していきたい。 酒造りは、麹菌と酵母菌という微生物の働きを利用して行います。微生物には自然界の不思議な力があり、到底人間の力など及ぶ世界ではありません。微生物との関わりを大切にし、品質本位を第一に、食品の安全性にも配慮し、喜ばれる酒造りを目指し続けたい。

酒造りの心

 高野酒造では、ある精神を基にして酒造りを目指している。それは、顧問の農学博士・廣井忠夫先生の次の言葉である。
 「究極の酒は馥郁たるほのかな香りを秘め、いくつかの味を持ちつつ、その味を隠し舌の当り柔らかくして、干してなお口中に誘い込む障りなき酒であり、飲む人に深い感銘を与える」

高野酒造

会社案内

●代表銘柄
 越路吹雪、白露、水の都柳都
●年間製造石数
 2000石
●主要受賞歴
・第58回関東信越国税局鑑評会首席第1位受賞(新潟、長野、群馬、埼玉、栃木、茨城で1位)
・関東信越国税局 酒類鑑評会10年連続 優秀賞受賞
・全国新酒鑑評会金賞受賞 平成19、23、27年受賞(近年間)

沿 革

明治32(1899)年9月
旧新潟県西蒲原郡木戸の地にて創業(現在の新潟市西区)
銘柄を「白露(しらつゆ)」とする昭和26(1951)年7月 法人化
平成03(1991)年:吟醸酒「越路吹雪」発売
平成04(1992)年:純米吟醸酒「越乃冬雪花」発売
平成06(1994)年:第58回関東信越国税局鑑評会において主席第1位受賞
平成07(1995)年:新製品倉庫 竣工
平成12(2000)年:新製造蔵 竣工
平成28(2016)年:ビン詰めライン整備 クリーンブースを導入

高野酒造
麹 室

高野酒造の目指す酒造り

 新潟市の西部、野鳥や水鳥が多く生息し、冬には白鳥が越冬のために多く飛来する、ラムサール条約登録湿地「佐潟」の近隣で、明治32年から新潟の自然とともに地元で愛される地酒を醸す高野酒造です。
 2000年に竣工した製造蔵は、温度管理・衛生管理のできる醸造設備を備えており、大吟醸から普通酒に至るまでの全酒質で手間暇のかかる長期低温発酵で醸造しています。これにより、香り、味、のど越しの良さを兼ね備えたお酒が生まれるといいます。

 また、安心・安全を目指す中で、地元農家と連携し、「越後酒米栽培研究会」を発足し、原料米の多くを契約栽培していただいたものを使用しています。一杯目よりも二杯目、三杯目と杯が進むにつれ、さらに美味しさを感じることができる、飲み飽きしない日本酒、それが高野酒造の目指す究極の酒です。現在では、日本酒だけでなく、酒粕を蒸留して生まれる粕取り焼酎や、梅の実を丸一年日本酒に漬け込んだ梅酒、ワイン酵母で日本酒を製造するなど、様々なチャレンジを続ける蔵元でもあります。

高野酒造
袋 搾

杜氏 石川博規さんの酒造りへの思い

 日本酒は人生を豊かに、楽しくしてくれるものと信じています。そして、酒造りに携わる身になって「人の和」というものがとても重要だと気付かされました。
 杜氏一人だけでは日本酒を造ることはできません。「良い酒を造りたい」、「お客様に喜んでほしい」、そんな蔵人、一人ひとりの情熱や想いによって高野酒造の酒は醸されています。その情熱の結晶である日本酒が皆様の人生をより豊かに、より楽しくするものであることを祈って、これからも精進して参ります。

創業120年

 高野酒造は、令和元年2019年9月8日で創業120年を迎えました。酒造業を営む親戚筋から高野家が受け継ぎ、生業としてから今に至るまで実に多くの消費者から愛されてきました。

 この記念すべき120年を迎える年に、高野酒造はまた新たな挑戦を始めました。原料米の山田錦を140時間かけて精米歩合20%まで磨いた「越路吹雪 純米大吟醸 磨き二割」を発売。これは新潟県内における現時点での最高精米歩合とのことで、まさに驚きの一言です。高野酒造の技術の粋を集めて醸し上げられたこのお酒に込める思いは、これからも脈々と受け継がれていくことでしょう。

【取材後記】
 高野酒造さんは、広々と田園地帯が広がる越後平野の一角、北国街道の中間点、旧赤塚村に位置し、お米、佐潟、大庄屋屋敷跡など、お酒造りには申し分なしの環境。だから美味しいはずです。
(2019年10月:広報委員 石黒 勝夫)

高野酒造の主な製品

純米大吟醸 越路吹雪

35%に磨き上げた「越淡麗」を使用。長期低温発酵で仕込み、気品溢れる華やかな香りと味わい。

高野酒造


純米大吟醸 水の都 柳都

新潟土産として好評。フルーティな香りと爽やかな甘みが楽しめる純米大吟醸。

高野酒造


純米吟醸 越乃冬雪花

馥郁たる香りとまろやかな旨みが感じられる純米吟醸酒。アメリカ、シンガポールでも人気。

高野酒造


本醸造 越乃金紋 白露

すっきりとしたのど越しと爽やかな香りが特長的な本醸造。

高野酒造


酒どころ新潟 酒造めぐり

高野酒造株式会社
代表取締役:高野 英之
新潟市西区木山24-1
電話:025-239-2046
HP:https://www.takano-shuzo.co.jp/

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  2. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  3. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  4. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  5. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  6. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  7. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  8. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  9. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  10. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…

クローズアップ

  1. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  2. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  3. 2021-6-11

    コロナの一年半、あれこれ。

    コロナの一年半、あれこれ。 樋口 高士 一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が…
  4. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る