「桜の情景」の記憶

「桜の情景」の記憶

樋口 高士

毎年、桜の季節になると、決まって私が、思い起こす一句がある――

さまざまの事思ひ出す桜かな

 今年は、某社のCМにも使われて、連日、テレビ画面から流れていた。一見、現代人のなにげない感慨のような感じを受ける句であるが、松尾芭蕉(1644~1694)の紀行文集『笈の小文』(おいのこぶみ)所収の「名句」。
 現在、私の住まいがあるのが、横浜市域の南部を西から東へ縦断して流れる大岡川の遊歩道沿い。地域の桜の名所で、桜の季節は、黙っていても、向こうからやってくる。三月に入ると、早くも、「桜祭り」のぼんぼりと、ライトアップ装置が設置される。やがて、芽吹き、三分咲き、七分咲き、満開へ。そして、花吹雪。そんな時間の移ろいの中で、私の思いは、ごく自然に、遠い日の様々な桜の情景へと導かれる。
 そこで、それらの中の、忘れ難い二つの桜の情景を記してみたい。

1、一本立ちの桜の樹の下に、[皇太子殿下]が現れた

 昭和六十年(1985)四月のこと。当時、わが家は、三浦葉山の南の外れの裏路地を入った山の際にあった。
 私は、毎朝、この裏路地を抜けて、海岸の方へほぼ一直線に延びている道(県道森戸海岸線へ通じる)を十二、三分程歩き、バス停・御用邸前から逗子駅に出て、東京の勤務先まで「二時間通勤」を続けていた。
 この一直線の道(旧・石井好子邸、日経海の家等点在)に一本だけ桜の樹があった。
 道路に面した普通の家の、庭先に立つ樹の枝先が、大きく道にせりだしており、道を歩いて行くと、ほぼ真正面に見えたのである。
 その日。いつものように、七時に家を出て急ぎ足で歩いて行くと、満開の桜の木の下に、何やら白装束の(ように見えた)一団が現れた。朝早くから、何事かと思いながら、近づいてみると、何と、トレパン姿の皇太子殿下(当時)と美智子妃、そして、お付の人たち六、七人の一団だったのである。ジョギングをかねた朝の散歩だったのであろう。殿下は、葉山の地を愛され、地元の人たちとも親しく接しられると聞いていたので、すれ違う時、私は、ごく自然に「お早うございます」とご挨拶をすると、殿下も、軽く会釈をされたのだった。
 葉山の地には、三十年程居住(本籍地であり、第二の故郷のような処)していたのだが、こんな思いがけない遭遇は、この一回だけである。

2、 見知らぬ地(当時)の病院に入院退院後眼にした満開の桜

 平成四年(1992)四月。前章の七年後のこと。勤務の帰途、午後十時半頃だったろうか、新橋駅から逗子駅までの中間地点・横浜駅に近づいた地点で、猛烈な頭痛に見舞われた。たまらず、横浜駅で下車。ベンチに横たわり、近くの駅員の方に症状を訴える。すぐさま、救急車の手配が行われ、担架で駅東口に着けていた救急車に運び込まれる。車は、闇の中を何処ともなく向かっていく。二十分程で到着した病院で、幾つかの処置が施され、一過性の高血圧症という事であったが、そのまま一週間の入院という事態となったのである。
 当時、横浜は全く未知の地域で、入院していた病院の地理的な状況が全く頭の中にないまま、ベッドに横たわっていた。その間、家族の付添も付き、会社からも上司などが、見舞いに現れたりし、一週間後、漸く退院という事になった。
 退院の日。家族の者と最寄駅(京急線南太田駅)に向かう途中の小さな公園の、四、五本の桜が、まさに満開であった。この時の、私の感じた鮮烈な印象は、「生の喜び」といったものではなかったかと思う。
 実は、この地は、その後私が都心回帰のような心持で、移住してきた現在の住まいのごく近くで、大岡川を下流に向かって約七百メートル降った処。現在、私は、この同じ病院(見違えるように改装)に、「心房細動」という病名の症状治療のため、四週おきに通院している。そして、今年も又、この公園の満開の桜を眺める。不思議な縁(えにし)というべきか。(会報誌 2017年06月)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

会の活動報告

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ 

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
  4. 2021-12-13

    日本一の米どころ 新潟のお米紹介 第一部

    日本一の米どころ 新潟のお米紹介 第一部 コシヒカリ! うま味と粘りが魅力の新潟…
  5. 2021-10-12

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)

    田中角栄先生と船田中の秘書官としての私のかかわり(政界裏話)  2020年1月14日 […

アーカイブ

ページ上部へ戻る