ちょっと ひと休み

新潟県出身、又は縁のある偉人の言の葉を記しました。
サア、詠んだのはどなたでしょう。

(1) この里に 手毬つきつつ 子どもらと 遊ぶ春はる日ひは 暮れずともよし

(2) 学問の 静かに雪の降るは好き

(3) うまさけは うましともなく 飲むうちに 酔ひての後も 口のさやけき

(4) 菊ひたし われ八百姓の子なりけ里

(5) やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ

ご存知の名言はいくつありますか?新潟には偉大な先輩が数多くいらっしゃいますね。とても誇らしいことです。「にいがた文化の記憶」より抜粋 (広報委員 石黒繁子)


(1) 良寛(1758~1831)
出雲崎町・禅僧、文人

(2) 中田瑞穂(1893~1975)
島根県・脳神経外科医、文化功労者、ホトトギス派の俳人、新潟大学医学部教授、会津八一の主治医

(3) 坂口謹一郎(1897~1994)
上越市・応用微生物学者、文化勲章受章者、酒博士、歌人

(4) 山岡荘八(1907~1978)
魚沼市・小説家、「徳川家康」「独眼竜真宗」「春の坂道」の3作品がTV大河ドラマ化

(5) 山本五十六(1884~1943)
長岡市・海軍大将、元帥

因みに「新潟縣人」の題字と「大漢和辞典」の編纂で有名な三条市出身の諸橋轍次氏は、「行くに径(こみち)によらず」という孔子の「論語」の一節を座右の銘としていました。
学問研究には近道などない、堂々と自分が信じる道を進むべき・・・という意味。

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. -からだと心の豆知識- 「目薬使用時は瞬きをしないで」 目薬は医療用語で「点眼薬」と呼ばれ、…
  2. 大河津分水通水100周年によせて(1/3) 大河津分水は通水100周年を迎えます。  良…
  3. ふるさとの暮らし 日本の原風景 生活の中に美を求める心を養う 版画村運動(1/2) リポート…
  4. 2021/10/16

    出掛けよう!!
    出掛けよう!! 及川 恒夫(総務委員長・東京白根会会長)  コロナ禍を避けるため「不要不…
  5. 鮭・酒・情 三さけの恵み ふるさと村上を想う 伊槻紀子(東京村上市郷友会)  「ほら、持って…
  6. 木造車両「モハ1」 新潟県内唯一の木造電車「モハ1」を、加茂市が蒲原鉄道株式会社様から譲渡を受…
  7. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  8. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  9. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  10. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…

おすすめ記事

  1. 2022-4-8

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2)

    えちご妙高会 オンライン形式交流会(1/2) 豊田 寛(えちご妙高会会長)  えちご妙高会の…
  2. 2022-2-23

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2)

    東京新潟県人会館 竣工祝賀会(1/2) ふれあいふるさと館 竣工1周年 日時:令和3年12月…
  3. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  4. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 2020年12月6日(日)、東京新潟県人会館(ふれあいふるさと館)竣…

クローズアップ

  1. 2022-5-29

    ふれあいふるさと館(9階サロン)

    ふれあいふるさと館(9階サロン) 憩う・語らう・鑑賞する  ゆったりソファーに美しい[キルト…
  2. 2022-1-26

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」

    中田 瑞穂と「中田みづほ画集」 日本の脳神経外科の基礎を確立した医師  中田先生は島根県津和…
  3. 2022-1-13

    棚田の里を後にして

    棚田の里を後にして 恵まれた郵政生活50年  元東京中央郵便局長で、瑞宝中綬賞受章の叙勲の小…
ページ上部へ戻る