『火焔型土器』に魅せられて

随想四季

『火焔型土器』に魅せられて
樋口 高士

Ⅰ、火焔型土器「発掘」からの、これまでの「歩み」
1.昭和11年 馬高遺跡(長岡市関原)で始めて発掘
2.昭和31年 岡本太郎「縄文の美」を日本文化の源流と
3.平成11年 十日町笹山遺跡出土品・国宝に指定

昭和57年7月。郷里十日町を離れて既に25年の歳月が流れていた当時。十日町の旧・中条・笹山のグラウンド開発現場から、大量の、しかも大変状態のいい火焔型土器が発掘された、という一報がもたらされた。
 この報が、その時、強く私に作用したのは―昭和31年に刊行された岡本太郎氏の著作『日本の伝統』の中で、始めて、「縄文の美」こそ、日本の伝統文化の源流であるという問題提起をしていたことが頭にあったこと。さらにその後、同版元に所属するという縁もあり、一度インタビューのため、旧・高樹町の岡本邸を訪れたこともあったからである。
 そんなことから、火焔型土器に興味を抱き、以来、「縄文人」の熱気を帯びた直截な造形感覚に強く魅せられてきたのだった。
 ここでは、まず、5千年の時を経て、現代の私たちの世界に立ち現れた火焔型土器の、その後の「歩み」をごく簡潔に整理。


火焔型土器:写真提供 十日町博物館

◎ 昭和11年12月31日。長岡・関原の篤志家・近藤篤三郎氏の手によって発掘。その焔を思わせる形態から「火焔土器」と名付けられた。なお後に、この馬高の地は、大規模集落跡であることが判明。昭和54年、国の「史跡」指定を。
◎ 昭和31年。岡本太郎著『日本の伝統』において縄文の美こそ日本文化の源流と問題提起。一躍、火焔型土器が脚光を浴びることとなった。抽象画家・岡本太郎氏は、約10年のパリ在住の間。ソルボンヌ校でМ ・モース教授より民族学を学ぶ。そんな氏の「知的土壌」が、縄文の美の評価に繋がったのではないか。
◎ 昭和57年の十日町笹山遺跡からの出土品は、総点数928点にも及ぶ。その後、丹念なる復元作業を経て、まず県指定文化財に、次いで国指定重要文化財を経て、平成11年には新潟県初の国宝指定を受けることになったのである。

Ⅱ、「信濃川火焔街道連携協議会」の試み
1.母なる信濃川の流れに沿って、県内、100ヵ所以上に遺跡
2.関係6市町(新潟・三条・長岡・魚沼・十日町・津南)が連携
3.2020年「東京五輪」へ向けてのアプローチ

 火焔型土器の主たる遺跡は、主に信濃川の上・中流域~津南町から新潟市にかけて~に100ヵ所以上集中して分布している。
 「信濃川火焔街道連携協議会」は、これ迄、新潟市、三条市、長岡市、魚沼市、十日町市、津南町の6市町が、交流・連携をはかり、「縄文文化」推進のために様々な活動を実施してきている。
 平成28年12月~29年2月に東京国学院大学博物館で開催された『特別展・火焔型土器のデザインと機能』も、その一つ。国宝1点、国指定重文8点を含む、71点の火焔型土器が一堂に会した様は、まさに壮観であった。

 平成29年11月。火焔街道連携協議会関係6首長、顧問の小林達雄国学院大名誉教授ら一行9名が、衆議員会館に遠藤利明・東京五輪組織委員会副会長(元・五輪相)を訪問。火焔型土器の聖火台モチーフへの採用、メダル・デザインへの採用など、「縄文文化」の採用・発信を要望した。要望書では、「日本の縄文文化は、人類史における主要なレガシー。この日本文化の源流でもある類稀な遺産を、五輪を機に、是非世界に発信したい」と強調している。
 積年の火焔型土器愛好家としては、要望実現を祈るのみである。(2018年03月)

(写真=国学院大学博物館・「特別展」にて)

関連記事

新着一覧

ピックアップ記事

  1. なぜ、植物は五千年も生きられるか 羽賀 正雄 氏(東京やまと会顧問) 生物にとって寿命と…
  2. 随想四季 世界三大珍味とは何と何と何? 日本の三大珍味は?  先日の広報委員会の流れで地下…
  3. 石動神社(いするぎじんじゃ)三条市 吉野屋の権現様に彫刻界の巨匠石川雲蝶を訪ねて  …
  4. 紺野美沙子さんの「卓話の時間(動画)」 「日々を豊かにする言葉の力」 日時:6月8日(火)1…
  5. 随想四季 鎮魂の神社・そのⅠ(京都逍遥4) 大原 精一(広報委員・越後長岡ふるさと会) 一.怨…
  6. 東京新潟県人会創立110 周年 新・県人会館竣工 記念 虹との出会い 蕗谷虹児展 会期…
  7. 中越 錦鯉の里(小千谷市) 澄んだ水と錦鯉発祥の地  小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市…
  8. ドキュメント・世界の珍色一位猛毒「フグの卵巣の糠漬け」 本間 壯平  先日、某紙の企画で発酵…
  9. 卓話の時間 あさま山荘事件 佐藤 永久氏(東京広神会会長) ◆佐藤永久さんが警視庁に在職中の…
  10. 随想四季 谷中七福神めぐり 登石 正中  毎年暮れになると、お正月をどう過ごすか、頭の中をよ…

クローズアップ

  1. 2021-8-16

    重要文化財 渡邉邸を訪ねて

    国指定名勝 重要文化財 渡邉邸を訪ねて 佐藤 勝  新潟県は、国指定の建物や名勝庭園が数…
  2. 2021-8-6

    国上寺 越後最古の寺の御開帳

    国上寺 越後最古の寺の御開帳  越後最古の寺といわれる燕市の国上寺(こくじょうじ)では、…
  3. 2021-6-11

    コロナの一年半、あれこれ。

    コロナの一年半、あれこれ。 樋口 高士 一、「横浜港」帰港の「ダイヤモンド・プリンセス号」が…
  4. 2021-4-24

    詩人 矢沢 宰(見附市)

    詩人 矢沢 宰 生きることのせつなさ 矢沢宰は昭和19年(1944)に生まれました。見附…

おすすめ記事

  1. 2021-6-17

    糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所

    越後八十八ヶ所巡り 糸魚川ジオパーク 越後八十八ヶ所  鬱蒼(うっそう)とした森林に奇妙な形…
  2. 2021-3-6

    拉致問題の解決に向けて 【レポート】

    第33回 文化講演会(主催:文化委員会) 「拉致問題の解決に向けて」 拉致被害者の立場から 講師…
  3. 2020-12-7

    ふれあいふるさと館 竣工式(動画)

    竣工式 動画 [arve url="https://youtu.be/OMwBWuwVEI…
  4. 2020-12-5

    100周年の思い出、そして110周年へ

    100周年の思い出、そして110周年へ 村上市出身 細井ミツ子  令和2年9月26日、一通のハガ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る