会長ご挨拶

東京新潟県人会 会長

 首都圏に在住する新潟県人の皆さんにはご壮健でご活躍のことと存じます。

 私は昭和41年(1966年)に入会して以来、半世紀を県人会と共に歩み、故郷新潟に対しどんなご恩返しができるか、そのことを一途に考えて行動してきました。

 新潟県の調べでは、昭和51年から平成25年までの38年間で、95万人の県民が関東地域に転出しております。もっと先までたどると百数十万人が首都圏の発展を支えてきたといっても過言ではありません。

 現在、首都圏地域には東京新潟県人会と連携、協力いただいている団体が150ほどあります。首都圏の各地域ごとに結成されている「地区県人会」や出身市町村関係者で結成されている「郷人会」や同窓会等です。

 これらの団体は、居住する行政区の善良な住民として行政と協力したり、出身市町村との友好交流を促進して会員同士の親睦を深め、新潟県人としての誇りをもって活動しております。このほか日本各地や世界各国においても新潟県人会が結成されて、すばらしい活躍をしておられます。

 この公式ページをご覧いただきますと、新年祝賀会や納涼大会あるいは芸能大会など私どもが主催したイベントの概要を動画で見ることができますが、これ以外に会員のための広報誌として月刊「新潟縣人」を発行しております。そこには、故郷新潟の情報や地区県人会・郷人会の活動状況が紹介されております。関心をお持ちの方にはぜひご入会をお勧めいたします。

 私は本年5月に会長を拝命して以来、毎月第一週の金曜日午後には県人会館に常駐して、会員皆さんとの対話を実践しております。直接お話しをされたいという方は、まず事務局(Tel. 03-3832-7619)にお問い合わせください。

東京新潟県人会 会長 小林保廣