063 3つのジオパーク

2016年2月27日(土)東京新潟県人会館2階ホールにて文化委員会による
新潟県の3ジオパーク(糸魚川、佐渡、苗場山麓)のよる講演がありました。

講師:斉藤 清一 さん/宮島 宏 さん/市橋 弥生 さん/佐藤 信之 さん。
動画の講演内容は別途ご報告いたします。

3つのジオパーク

3つのジオパーク

3つのジオパーク

3つのジオパーク

3つのジオパーク

3つのジオパーク

3つのジオパーク

3つのジオパーク

045 奇特佐平治列伝

東京新潟県人会2階ホール 
「奇特佐平治列伝」講師:新潟大学名教授 富沢信明さん

奇特佐平治列伝

おこられるかもしれませんが、個人的にあまり面白くない題名に興味も半分以下でしたが、
富沢先生の話が面白いせいもあって、題目で判断したらいけないと思いました。
「あの人は奇特な人だ」の「奇特」の語源はここから始まった。歴史を知ることは面白い。
歴史の常識が覆されるような話も含まれていました。
尚、しっかり動画を撮影しています。後日ノーカットで東京新潟県人HPに掲載します。

奇特佐平治列伝

奇特佐平治列伝

奇特佐平治列伝

033 抒情画家・蕗谷虹児 文化講演会

講師は息子さんにあたる蕗谷龍夫さん
(蕗谷虹児記念館名誉館長)

蕗谷虹

正直、私は講演を聞くまであまり興味がなかった。
しかし、一貫して女性を描いた沢山の作品を見て、
時代を超えた色あせない魅力的な作画に惹き込まれてしまった。

蕗谷虹

個人的に言えば、竹久夢二よりも好きなタッチだ。
何と言っても女性が可愛い。女性ファンが多いのがうなずける。

蕗谷虹

私的な話だが、ロートレックの作品のように、
時代を超えた「アート」を感じた。
本物は時代に関係なく新鮮に感じるものだ。
この蕗谷虹児が描く女性もそれに通じると感じた。

蕗谷虹

とにかく作品がお洒落だ。
凡人だったらこの時代に、こんなタッチの絵を描けない。

写真はプロジェクターで紹介した一部です。

講演内容動画です。
前半と後半に分けてお届けします。


画像をクリック


画像をクリック

025 大越健介氏 講演会

2014年4月5日(土)13:00~ 東京新潟県人会館、一般財団法人記念講演会としてNHKのニュースキャスター「ニュースウオッチ9」でお馴染みの、大越健介氏講演会がありました。
会場は沢山の人で埋まりました。

大越健介氏 講演会

大越健介氏 講演会

大越健介氏 講演会

大越健介氏 講演会
「 ニュース報道の確信を語る」の講演内容ノーカット版です。

1時間を越える内容ですので、自宅のPCでお時間のあるときにゆっくりご視聴下さい。

画像をクリック
講演内容の後半、質疑応答部分です。

 

画像をクリック